35歳 妊活中!女の子がほしくて、人気の産み分けゼリー【ベイビーサポート】を使ってみました

きっかけは「妹が欲しい」の一言でした

ある日、6歳の息子から言われた一言。・
「妹が欲しい」
これが、産み分けを意識したきっかけでした。


現在、35歳。
2人目を作るなら、そろそろリミットかななんて思っていました。
そんなときにいわれた、この息子の言葉に、背中を押されて、2人目の妊活をスタートしました!

しばらく、妊活に関する最新情報からは遠ざかっていたのですが、逆にいえば、ユーザーさんの実績データが蓄積されて、産み分けをスタートするにはありがたい環境。

さっそく調べてみました♪

自宅で手軽に使える産み分けゼリーが人気を集めているとのこと。

わたしが使い始めた産み分けゼリー【ベイビーサポート】の使い勝手や選んだ理由などについて、紹介しますね。

産み分けを考えている方の、何かの参考になれたのたら幸いです♪

妊活中男の子がほしい・女の子がほしいを応援【ベイビーサポート】販売サイトへ

安全面・衛生面にやっぱり一番気になります

最近、人気という産み分けゼリー。
まず気になったのは、「どういう仕組みで産み分けるのか」ということでした。
仕組みがはっきりしていないものは、安心して使えない性分なので・・・

調べて見ると、産み分けの仕組みは、産婦人科でおこなう産み分け方法と同じとのこと。
膣内のpH値を調節して、男の子または女の子を妊娠しやすくする方法なんですね。
医療機関で使われているのと同じなら、安全性も大丈夫そうですね。

本来、膣内は雑菌が入り込まないよう普段は酸性になっていて、その酸性度も排卵日などのサイクルによって、日々変化しています。
その酸性度を、通常のサイクルに関係なく、男の子を希望する場合は酸性度を低くしてアルカリ性に、そして女の子を希望する場合は逆に酸性度を高くしてくれるのが産み分けゼリーの働きというわけ。

ちなみに、何も使用せず自然に妊娠した場合の男女比が50:50のところ、産み分けゼリーを使うと希望する性別を妊娠する確率が80%にアップできるそうです。
なるほど確率3割アップは大きいですね!

仕組みを納得したところで、今度は気になるのが、ゼリーそのものの安全性・品質です。
産み分けゼリーの使い方は、膣内に直接注入するわけですから、腕や顔の皮膚以上にデリケートな品質が欲しいですよね。
そこで、口コミ人気の一番高かった【ベイビーサポート】についての安全性を公式サイトから調べてみると、
本体のゼリーは、100%天然成分にこだわって製造されていることがはっきり記載してありました。

薬品には、合成で作られるものも珍しくないので、そんな感じかなと思っていましたが、これは安心度アップでした。
合成が悪いわけではありませんが、天然の方が安心するという人はきっと私だけではないはずです。

加えて、本体のゼリーはもちろん容器、袋、外箱まですべて日本製というのがセールスポイントとしてあげられていました。
なんだかんだいっても、国産品の信頼度は高いと思います。
私の中では、この点も好印象でした。

もうひとつ、私がうれしかったのが、使い切りタイプということでした。
シリンジ(針無しの注射器みたいなの)を繰り返して使うタイプの産み分けゼリーも口コミ人気が高かったのですが、気分的に衛生めんが気になってしまいました・・・
この繰り返しタイプだと、シリンジに充填するゼリーを湯煎して温めたて使用するらしく、めんどくさがりの私にはちょっとハードルが高いですorg
それに、湯煎する時間が20分くらいかかるそうなので、湯煎しているうちにきもとが冷めて、それはムード的にちょっといやかなと思ってしまいました・・・

そんなわけで、ユーザー数が多くて、使い勝手も良さそうな【ベイビーサポート】を採用しました。
使ってみた感想を、この下に追記しておきます。

人気と評判の産み分けゼリー【ベイビーサポート】の使い勝手は?

ベイビーサポートを実際に使ってみた感想ですが、ひと言で言うと「使いやすい」と思います

やっぱり使い切りタイプなので、手軽に使えて、後始末もとても簡単です。
使用法はパッケージから出して、キャップを外して、注入するだけです。

口コミを調べていたときに、ちらほら見かけていた産み分けゼリーの問題点(というか気になる点)に、「ゼリーが後戻りする」「容器の太さ・硬さが、中に入れて注入するときに安定感が悪くて使いにくい」というものがありました。

【ベイビーサポート】を使ってみた感じでは、特にそんな印象はありませんでした。

ゼリーには、ちょうど適度な粘度がついているので、中に入れる前に漏れたり、注入したあとで戻ってくるということもありませんでした。

容器も持ちやすい太さで、初めて使用したときから、ゼリー注入も失敗なくスムーズにできました

あと、これは個人的な趣味ですが、パッケージがピンク色(女の子用)でかわいいのも気に入っています(^^)

妊活中男の子がほしい・女の子がほしいを応援【ベイビーサポート】販売サイトへ

気になるコストはどのくらい?

【ベイビーサポート】、使い勝手も満足して、使用をスタートしましたが、最後にコストについても感想を少し。

実際、口コミサイトをいろいろ回って、値段の比較もしてみたのですが、当初からそこまでコストにこだわってはいませんでした。
生活を圧迫するほどの金額なら困りますが、安いからといって、安全性や品質に疑問を持って、使うのは抵抗があったからです。

ちなみに【ベイビーサポート】ですが、金額は産み分けゼリーのジャンル中で、ちょうど平均くらいの金額です。
飛び抜けて高くもなく、安くもない価格帯の製品と思いました。

妊娠するまでは継続するつもりで始めたので、満足できる品質で、この価格なら普通に納得しています。
なので、コスト面から「安くてお得ですよ」とかは、あまり言うつもりはありません。

最近の通販商品では、初回のみすごく安かったけど、定期コースになっていたとかの話題がちらほら聞かれます。
そんな定期しばりがないのは、ベイビーサポートに好感が持てるポイントですね。
ベイビーサポートの公式サイトでは、単品の販売もきちんとあります。
定期コースではなく、まとめ買い割引があるので、継続して使うつもりの人には、こちらが便利と思います。
わたしも3セットまとめ買いを利用しています。

ちょっと変わったサービスとして「おめでた返金キャンペーン」を実施しているのを、最後に書いておきますね。
簡単に言うと、妊娠がわかったときに残っていた製品を買い取ってくれるサービスです。
残ったベイビーサポートを1本1,000円で買い取りしてくれます。


以上、私がベイビーサポートを選んだ経緯や使い勝手などについて、報告させていただきました。
まだ妊娠はしていませんが、妊娠がわかるまで、使ってみようと思っています。

この報告が、あなたのお役にたてたなら、幸いです(^^)

このページでは、妊活中男の子がほしい・女の子がほしいを応援【ベイビーサポート】利用を考えている方々が参考になるような情報を紹介していく予定です。楽天などの販売店を調査し、激安、格安、最安値で購入できるか。送料は無料か。お試しやトライアルはあるか。値引き・ポイント付与の状況。返金や商品保証。クチコミ、レビュー、効果、メリット、デメリット。などをお知らせしていく予定です。 また、類似する商品との比較結果をランキング形式で提供していく予定です。